忍者ブログ
最新記事
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
TradersShop検索

リンク
プロフィール
HN:
さとしぃ
性別:
男性
趣味:
ゲーム、読書、インターネット

Mail:forexsystecpractice☆gmail.com
☆→@

自己紹介:


06/12/04 立ち上げ。夢のためにFXを06年3月からやっております。

08/05/11 システムトレードの勉強開始。ソフトはMT4を使用。

08/08/06 FXDDにて自動売買を1000ドルの資金で開始。

08/10/09 3000ドルからまさかの大転落。100年に1度の金融危機で生き残ったシステムはたったの三つ。

08/12/09 3000ドルの資金を再投入。 徹底的に本を読み続けています。

09/03/22 7700ドル達成。

09/08/14 1000ドル割れ。

09/12/17 3500ドル復帰。

10/04/09 修行中

14/11/21 パワーアップして再挑戦



アーカイブ
カウンター
RSS
<<   2017   04   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
29 April 2017            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

13 April 2008            1000%の男  |  ☆オススメ書籍☆  |  TB:0  |  C:0  |




1000%の男。
タイコム証券先物チャンピオンシップ優勝者fairy氏、準優勝者岸谷氏のトレードを追った本。


デイごとにチャートが用意されて、どのように取引していったか追っていける。


私がやったのは、実際に本書のチャートに線を引いたり、その場に居るつもりでどうトレードするか考えた後、彼らの日誌・解説を読んでみた。

それだけでも良い訓練になる。ローソク足だけで考えて試した。


日報を読んでいくと、フェアリー氏も確かにテクニカルを使っている。が、それだけではない。やはり、要所でファンダの内容を吟味して、方向に確信を持っていることが伺える。

やはり、両方適度に分析することが相場において究極形なのかもしれない。


その日ごとの日報をよく読めば、大きなドローダウンがあっても全く動揺していないことが分かる。
恐るべき部分だ。

しかし、オーバーポジションを持つようなミスもしている。そのミスはすぐにミスと判断し建て玉を減らしたりする対応を取っていることも驚くほかない。


対して、岸谷氏は、行動ファイナンスのような、統計的なものを使ったトレードしているような気がする。
気がするというのは、私のトレードにはあまり参考にならないのではと思ったからだ。
この手法は、長年続かないと思うし、次々に違う法則、相場参加者の微細な変化に追いついて行かないといけない。

岸谷氏は、トレードに多大なストレスを抱えているようだった。
私のトレードの目指すべきものは、ストレスを抱えて行うようなことじゃない。感情的にプラスもマイナスもないことが行きつく先だと思う。



裁量的なトレードをする方も、システムトレードを構築したい方も読んで損はない本。

私は、この本を読んで、積み重ねてきたものに確信を持てた。手法完成のヒントが詰まっている。

拍手[0回]

PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password


<<   HOME    265  264  263  262  261  260  259  258  257  256  255   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts