忍者ブログ
最新記事
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
TradersShop検索

リンク
プロフィール
HN:
さとしぃ
性別:
男性
趣味:
ゲーム、読書、インターネット

Mail:forexsystecpractice☆gmail.com
☆→@

自己紹介:


06/12/04 立ち上げ。夢のためにFXを06年3月からやっております。

08/05/11 システムトレードの勉強開始。ソフトはMT4を使用。

08/08/06 FXDDにて自動売買を1000ドルの資金で開始。

08/10/09 3000ドルからまさかの大転落。100年に1度の金融危機で生き残ったシステムはたったの三つ。

08/12/09 3000ドルの資金を再投入。 徹底的に本を読み続けています。

09/03/22 7700ドル達成。

09/08/14 1000ドル割れ。

09/12/17 3500ドル復帰。

10/04/09 修行中

14/11/21 パワーアップして再挑戦



アーカイブ
カウンター
RSS
<<   2017   10   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
17 October 2017            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・OAUTH2.0&GMAIL&Java をローカル環境で実装
 かなり大変だったけど、道筋は通るようになった。

 OAUTH2.0は、アプリケーションがユーザーデータを扱うにあたって、
利用するユーザーデータの範囲(スコープ)について申請を行い、
一度ユーザーの認証を受けたら、それ以降はユーザーの同意なしで利用継続する認証技術のようです。
 ・Googleのデベロッパーコンソールよりメール送信用のプロジェクト新規作成
 ・API>APIよりGmailのAPI使用許可
 ・API>認証>新しいクライアントID作成>installedアプリケーション>その他
 ・Jsonキーファイルをダウンロード
 ・Javaにて、
  ・GoogleAuthorizationCodeFlowを生成
  ・credential = new AuthorizationCodeInstalledApp(flow, new LocalServerReceiver()).authorize(userId)
   ※userId=認証のクライアントID
  ・実行後、ブラウザが立ち上がりグーグルアカウントへ認証要求が来るのでOKする。
  ・以降credential.refreshTokenでトークン最新化し利用する。
  ・認証済みcredentialを利用し、Gmailインスタンスを生成。
      Gmail service = new Gmail.Builder(transport, jsonFactory, credential)
       setApplicationName(APP_NAME).build();
  ・メール送信なら、 service.users().messages().send("me", msg).execute();
  ・あとは好きに利用。
  
 メモレベルだが、しっかりまとめたいなぁ。
 とりあえず、これで毎日のフィード件数をメールで受信しよう。
 統計データも多少混ぜていき、日々のモチベーション維持システムを作る。

 OAUTH2.0に関するGoogleのサンプルコードは大量にあるし、ヘルプも充実しているので何とか。日本語ブログによる実装は少なかった・・・。

・MySQLバージョンアップ
 稼働確認中。dumpインポートまであっさり。


拍手[0回]

PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password


<<   HOME    802  801  800  799  798  796  795  794  793  792  791   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts